島根県 No. 43

出雲国風土記に書された名湯

出雲湯村温泉いずもゆむらおんせん

出雲湯村温泉
泉質
アルカリ性単純温泉
効能
神経痛、筋肉痛、関節痛など

お問い合わせ

雲南市観光協会

島根県雲南市木次町里方614-1(Aコープきすき2F)


Tel.
0854-42-9770
URL
http://www.unnan-kankou.jp/contents/spa/85
交通
JR木次駅から車で 20 分、松江道三刀屋木次ICから車で 20 分

「一たび湯浴みすればすなわち身体和らぎ、再びすすげばすなわち万病、除こる」。古くから薬効の知られた“薬の湯”

1300年前に記された『出雲国風土記』の中に、万(よろず)の病が取り除かれ、効果がなかったことがない、と表現された薬湯。その柔らかい泉質に愛好者も多い。
ヤマタノオロチ伝承地を流域に伝える斐伊川を挟んで、両側に宿泊施設及び公衆浴場があり、それぞれに趣のある風呂がある。また緑豊かな中国山地の山々に囲まれていて、春のさくら、夏のカジカ、秋の紅葉、雪あかりにむせぶ湯の香と四季折々の里山の美しさを楽しめる。
近くには、オロチが棲んでいたと伝えられる天ケ淵やイナタヒメの両親の御陵と伝えられる場所もあり、いにしえより人々が行き交った様子がうかがえるエリア。

宿泊可能施設

清嵐荘 0854-75-0031
湯乃上館 0854-48-0513
オーベルジュ雲南 0854-48-0070

あなたにおすすめの温泉が他にもあります。